仕事で実践!謙虚な聞き方の具体的な方法教えちゃいます!

いきなりなんですけど、仕事では謙虚さって大事だと思いません?

自分は偉いんだ!ってオーラが全面に出ている人や、何かと出しゃばって自分の意見を押し通す人など、全くもって謙虚さにかけちゃいますよね…。

そんな風にならないためにも、仕事のときに使える謙虚な聞き方を記事にしてみたんで、是非読んでみて実践してみてくださいね。

謙虚な聞き方とは素直に聞くこと!

仕事の時など聞く準備はできているのに、いざ教えてもらったりすると分からないことが出てきてしまうのは仕方のないことです。

ただ、ここで謙虚さもなければ理解もしていないのに『分かりました』など、適当な聞き方をしてしまえば後になって聞けなくなってしまうケースが出てしまいます。

そんなだと、相手があなたのことを謙虚さはあるけど適当な人だと決めてしまい、信用しなくなってしまいます。

何度も分かったような聞き方を繰り返し、謙虚さはあるけど、いざ仕事をしてみたら結局分かっていなかったとなると、相手も次に教えるときに『ホントに分かってるのかな?』って疑ってあなたに接するようになり結果的に信用を失ってしまう場合もあります。

そのまま聞き流さない人は素直で謙虚な聞き方で教えを乞うので、信用度が全く違ってきます。

しっかり『ここがわからないので教えてください』って聞き方をすれば、決して相手は不快に思ったりはしませんよ。

あなたの聞き方1つで謙虚さがあれば一生懸命で素直さがあると伝わり、教える側も、うれしい気持ちになり更に分かりやすく教えてくれるはずですよ。

それに、知らないは当たり前なんですよ!恥ずかしがらないでいいんです!

ただ人は何回も聞いてしまうと返って恥ずかしさが先に出てきてしまうんですよね…。

僕もその気持ち分かりますよ…。

でも、謙虚さがなく分からないままで仕事を続けている方がよっぽど恥ずかしいんですよ!

例えば、あなたに後輩ができたとします。あなたは今の仕事の一部が分からないままなのに、後輩に完璧に教えることができますか?

答えは『ノー』ですよね。

そんな風にならないためにも、自分の後々のことを考えて、謙虚さを持ち恥ずかしがることなく分かるまで教えてもらう聞き方をし、自分から積極的に質問できる習慣をつけましょうね。

謙虚な聞き方が分かれば出来る人と思われなくていい!

みんな誰でも『あの人は仕事ができる人』と思われたいと思います。

これは自分を良く見せたいと言う心理が働いてしまうからなんですね。

緊張が逆に会話を苦手にしてしまい良く見せたいプライドが邪魔して、謙虚に教えてもらおうと言う聞き方自体を忘れてしまうんです。

『自分はできる人だし、この場を何とかしなければいけない』といった願望や想いにとらわれてしまうと、普段できていた謙虚な聞き方を忘れてしまい不安材料である『できない人と思われたら…。つまらない人と思われたら…。』の考えが大きくなり、緊張し更に上手く話せなく聞くことができなくなってしまうんです。

後、自分の理想を持つことも大事ですが、仮に『こんな風に見られたい』と思って背伸びしてもすぐに実現はできません。

一歩先の自分を目指せばいいのに、一気に理想の自分像を勝手に作り出してしまうのでギャップに苦しんじゃうんですよね。

その結果、謙虚な聞き方ができなくなってしまい成長のチャンスも逃して、誰もアドバイスや意見をくれなくなってしまいます。

まずは自分自身のできない部分をオープンにして、謙虚に相手の意見に対する聞き方をマスターして心がけるのが、一番の成長の近道ですよ。

相手から学ぶ気持ちがあるなら背伸びは止めて謙虚さを持ち少し上の自分を目指し邪魔していたプライドをぬぐいましょう。

そうすれば、普段できていた聞き方ができるはずですよ。

謙虚な聞き方を持ち同意や共感をしよう!

『確かにね!』とか『分かる!分かる!』などは、とても重要な言葉なんです。

まずは、相手の意見を否定しないで謙虚に受け入れましょう。

いきなりですが、相手の意見と自分の意見が違うことがあったらどうします?

分かると思いますが、自分が話している最中に『でもね…。』と、否定的な言葉で口を挟まれると話す意欲や、気分もそがれてしまいますよね?

だから、まずはどんな話しでも謙虚に『確かに』と言う聞き方で受け入れましょう!

そして、自分の意見を通したいなら相手の意見を尊重しよう!

自分の意見を受け入れてほしい時ほど謙虚な聞き方が大切で、まずは相手の意見を聞きましょう。

謙虚な聞き方で相手のゆずれない点が何か分かったうえで、自分の意見を言うような聞き方なら、自然と相手を尊重する気持ちが伝わり、相手の理解を得やすくなりますよ。

さっき言った『確かに』は、尊重の意味も込められているので相手はあなたに謙虚さがあると分かり気分も良くなり、別の意見も受け入れやすくなるんです。

まとめ

今回は謙虚な聞き方についてご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

謙虚さがあっても分かったような相づちは、相手にイヤな思いをさせる聞き方なので、適当な返事はしないようにしましょうね。

自分はできる人!と理想の自分に近づくためには、話しの聞き方や謙虚に聞くことが大切です。

肯定的な聞き方で『確かに』否定的な聞き方で『でもね…。』言葉ひとつで流れが変わってしまうので気をつけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です