整理整頓してデスク周りが見違えるようにキレイになるコツ!

新入社員の皆さん!デスク周りはキレイになっていますか?

デスク周りがキレイになってると、仕事ははかどるし気分も乗ってきちゃいませんか?

ちなみに僕のデスク周りは、今となってはキレイになってるんですが、以前はどこに何があるのか分からない状態でした。そんな中で仕事をするんでだんだんミスが増えて、ストレス抱えて思考もスッキリしなくなってきちゃったんですよ。

それに、整理整頓することの大切さは他人に言われなくても、多かれ少なかれ感じていますよね?

でも、僕が実践してるちょっとしたコツで、整理整頓の基本を理解して行動してもらえれば、見違えるようなデスク周りになるんで紹介させて下さいね。

それじゃ~行ってみよう!

整理整頓の必要性とメリットは?

仕事をしていて、デスクの上がゴチャゴチャ…。でも、安心してください!それは僕も含め、整理整頓はサラリーマン共通の悩みなんです。

まず『必要なときにペンもなければ、消しゴムもない!』『スマホが鳴ってるのにどこにあるか分からない!』とか、こんな状態でいたらミスにつながっても不思議じゃないし、仕事にもなりませんよね。

僕も当時を思い出すと、探し物をする時間ももったいないって分かっていたし、探してばかりで自分もイライラしちゃってました。

だからデスクの上は整理整頓され、キレイになっていた方がいいんですね。メリットは、探し物がなくなって余計な時間を費やすこともなくなるし、仕事に集中できてミスが減るなど、仕事がどんどんスムーズになるんですからね。

長続き出来るようなコツ!整理整頓の目的とは?

僕はこれが一番難しかったんですよ。やっぱり、誰もが整理整頓は苦手だと思いますし、整理整頓を心がけても長続きしなきゃ意味がないんですもんね。

でもなんで長続きしないか分かります?それは、整理整頓することが自体が目的になってしまっているからなんですよ。

例えば、早起きが苦手な人はただ単に早起きしてるだけだから、早起きが長続きしないんですよ。

でも、早起きして遊びに出かけるとかの目的がある場合は朝早くても起きられますよね?

では、本題に戻りますが、もし仕事に集中したい!って思うのであればそれが目的になって、整理整頓はそれを達成するための手段になりますよね。

だから整理整頓が苦手でも目的を実現させたい!って思う気持ちが強ければ長続きしますよ。

これは置く?置かない?分別して整理整頓!使用頻度もね!

デスク周りを整理整頓するときのちょっとしたコツとして、置くモノと置かないモノに分けましょう。

まず、ここで気をつけてもらいたいのが、仕事に関係ないモノや私物は基本的に置かないで、書類とかも必要最低限で留めるようにしてくださいね。

それと、置くモノが決まったら次は置く場所を決めましょう。

コツとしては、使用頻度が高い順が僕的にいいと思いますし、使用頻度が高いモノほど自分の近くに置くようにしましょうね。

あと補足として、無駄をなくすために利き手のことも考えておきましょう!

デスクの上のレイアウトの判断基準は、使用頻度もそうですが、意外に利き手も大事だったりします。

利き手に関しては、モノを取り出して使うときに手の持ちかえをしないような置き場所を決めるのがちょっとしたポイントなんですよ。

電話が鳴って受話器を取ってメモを書いて受話器を戻す場合

ここまでの一連の配置を下記に書いてみたので参考にしてくださいね。

  • 右利きの人は電話を左側にして電話は左側にして、ペンやメモは右側
  • 左利きの人は電話を右側にして電話は右側にして、ペンやメモは左側

まとめ

デスク周りの整理整頓がどれだけ大切なのか分かってもらえましたか?

とにかく整理整頓するときは見た目をシンプルにして、整理整頓自体を目的にしないことです。

1日5分でもいいんで、少しずつ整理整頓する習慣化するのを心がけて自分なりに工夫などして、楽しみながら整理整頓するとスゴくいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です